【空中冒険遊具あみ~ご体験記あり】若松グリーンパークでカンガルーとふれ合ってみた

どうもマツローです!

今回は北九州市若松区にある自然と動物に触れあえる都市公園“グリーンパーク”について書いていきます。

マツロー
グリーンパークはバラ園をはじめとした自然や動物とふれあえる都市公園になっています。
ボブ
カンガルーは近づいて触れることが出来たり、ポニーの乗馬体験も出来るんだよね!
マツロー
そうなんだ。また今回はグリーンパークに“西日本初の大型ネット・アスレチック遊具「空中冒険遊具あみ~ご」”が誕生したということで早速行ってみたよ。
ボブ
グリーンパークに新たな目玉スポットが誕生したんだね。実際に遊んでみてどうだった?
マツロー
大型ネット・アスレチック遊具は結構迫力とスリルがあって面白かったので、その辺についてもこれから紹介していくよ!

スポンサーリンク

「グリーンパーク」について

グリーンパークは若松区の響灘緑地にある都市公園で、園内には様々な種類の花がありカンガルー等の動物も見ることができる北九州の人気スポットになっています。。

グリーンパークについて
・営業時間:9:00~17:00

・住所:福岡県北九州市若松区竹並1006

・電話番号:093-741-5545

・定休日:毎週火曜日、年末年始

・駐車場:あり(8:00~17:00)
普通車:300円、中大型車:1000円(北ゲートのみ)

・入場料:一般(高校生以上):150円
小中学生:70円
小学生未満:無料

・ベビーカー貸し出しあり(100円)
車いす貸し出しあり(無料)

グリーンパークの場所

北ゲート入り口

園内について

園内は大きく分けると以下のエリアに分かれています。

園内のエリア
・大芝生広場

・ポニー広場

・ビアテラス

・童話の森、冒険の森

・バラ園

・熱帯生態園

・ひびき動物ワールド

・野外ステージ

・サイクリングターミナル

・頓田貯水池

ボブ
たくさんのエリアがあって全てのエリアを回るだけでもいっぱい遊べそうだね。
マツロー
園内はかなり広い敷地になっているから全部回ろうと思ったら丸一日くらいかかりそうだよ。

園内マップ

西日本初の大型ネット・アスレチック遊具で遊んでみた!

さっそく2019年10月12日にOPENした西日本初の大型ネット・アスレチック遊具“空中冒険遊具あみ~ご”にOPEN当日に行ってみました。

“空中冒険遊具あみ~ご”で遊ぶにはまず事前(遊ぶ15分前)に受付を済ませておく必要があります。

その他の注意点について以下に記載しています。

空中冒険遊具あみ~ごで遊ぶ際の注意点
・料金は大人、子供に関わらず1人500円で30分遊べます

・子供は3歳以上から遊ぶことが出来ます。

・子供には専用ヘルメットが用意されているのでヘルメットを着用します。

・遊ぶ際はバックやポシェットを持ち込むことが出来ません

利用案内

受付を済ませたら時間が来るまで順番に並んで待ちます。

時間が来たらスタッフの人から案内されるのでいよいよ中に入ります。

このネットを登って中に入ります

下から見上げるとこんな感じです

木のプレートは歩くと結構揺れてバランスをとるのが難しいです

こちらはより難易度高め

このトンネルは小さい子しか通れない…

木の吊り橋のようなプレートを進んでいくわけですが、これが思ったよりも揺れてバランスを取るのに苦労します

いかにバランスを取りながら進んでいくかがポイントになりそうですね。

また中央にはネットが張られた広いスペースがあり、ここでは寝たり跳ねたりして思い切り遊ぶことが出来ます。

ネットスペースは結構広めです

中央のネットスペースは2層に分かれています

子供も少しずつネットの感覚に慣れてきました

終盤になるとコツをつかんで一人でスイスイ歩きます

30分前になるとスタッフの人から降りすように声掛けされるので、最後は外に貼られている滑り台を降りて終了です。

結構高低差のある滑り台を降ります

なお3歳未満の子供は遊べませんが、代わりにすぐ横に小さい子供用の滑り台も用意されています。

世界最長のブランコにも乗ってみた!

「空中冒険遊具あみ~ご」のすぐ横にはギネス記録に認定された“世界最長のブランコ”もあります。

このブランコは全長163.3.351mで世界最長ということでギネス記録に認定されています。

世界最長のブランコ

ブランコは100人分用意されていて円周上に配置されています。

小高い所に作られていて景色の見晴らしも良いのですごく爽快な気持ちになりますね。

たくさんのブランコが円周上に並んでいます

小さい子には背もたれ付のブランコも2席だけ用意されていました

童話の森、冒険の森にはアトラクションがいっぱい!

童話の森、冒険の森には複数のアトラクションが用意されていて、元気いっぱい体を動かして遊びたい時にはもってこいの施設となっています。

童話の森

可愛らしい人形が飾られていました

冒険の森にある遊具

ターザンロープ

子供もご機嫌です!

ひびき動物ワールドではカンガルーに触れる!

続いてはひびき動物ワールドのカンガルー広場です。

カンガルー広場に入るには入場料とは別料金でチケットを購入する必要があり、
一般(高校生以上)300円、小中学生が150円、幼児は無料となっています。

カンガルー広場入場口

カンガルー広場の営業時間

入場口を抜けるとすぐカンガルーの群れに遭遇します。

想像していた以上にカンガルーの数がいたので少し驚きました。

カンガルーの群れ

このカンガルーですが、ふれあい時間(10時~12時、13時~16時)であればカンガルーのすぐそばまで近づいて触ることができます。

人間が近づくと怖がるのかと思いきや、カンガルーたちは我関せずといった感じで全く微動だにしませんでした(笑)

徐々に群れに近づきます

至近距離に接近しても表情は変わりません

背中を簡単に触らせてくれました

カンガルー以外にも、国内ではここグリーンパークにしかいない“イエローフーティッド・ロックワラビー”という珍しいワラビーもいます。

もともと臆病な性格らしいのですが、人間慣れしているせいか近づいても全く逃げるそぶりはありませんでした。

ワラビーの群れ

無心でエサを食べています

ポニーの乗馬体験も出来ちゃう!

カンガルー広場以外にもヤギやポニーを見ることが出来ます。

特にポニーはエサやりや、乗馬体験をすることも出来ます。

ヤギは動きも緩やかで癒されます笑

エサを買えば自由にあげることが出来ます

エサを見せるといつのまにか寄ってきます

近くで見ると迫力抜群

ポニーの乗馬体験は乗り口でスタッフの人に声をかけると乗ることができます。なお1周のルートで大人(70kgまで)は500円、子供は250円となっています。

乗馬・馬車の案内

乗馬のりば

左が大人用のポニー、右が子供用のポニー

今回は子供がポニー乗馬に挑戦してみました。

スタッフの方が横でサポートしてくれるので安心

バラ園前でバラの苗木を無料でいただきました

今回たまたまだったのですが、土曜ということで特別に先着100名にバラの苗木がプレゼントされるということで、ありがたいことに苗木をいただくことが出来ました。

バラ園

バラの苗木プレゼントコーナー

プレゼントされたバラの苗木

気になる食事場所について

公園内での食事についてですが、弁当などを持ち込んでピクニックすることも出来ますし、園内のお店で食べることも出来ます。

今回は園内にある“Agrizm Cafe”というレストランに入ったのでメニューを紹介します。

Agrizm Cafeは地元の食材をふんだんに使用したレストランで食事以外にもスイーツも食べることが出来ます。

お店入り口

お店のメニュー

席からは外の風景がよく見えます

今回は「チキンプレート」「カレーライス」「ポテトL」をたのみました。

まずはチキンプレート(1120円)

デザートとドリンクもついています

唐揚げのボリュームが凄く、デザートとドリンクも付いているので満足感を得られる一品となっています。

次はカレーライス(710円)

チキンカレーライス

カレーはそこまで辛すぎず、小さい子供でも食べれる味付けとなっています。またチキンがよく煮込まれていてとろけるようで美味しかったですね。

最後はポテトL(620円)です。

ポテトL

ポテトは塩加減がいい感じで効いていてついつい止まらなくなっちゃいました。

どれも美味しく感じたので、弁当などを持ち込んでいないときはこのレストランを利用されるのもいいかもしれませんね。

最後に

今回は若松区の響灘グリーンパークについて紹介してきました。

写真で紹介したように園内には様々なアトラクションがあり、すべて遊びつくそうと思ったら余裕で丸一日かかるくらいの規模になっています。

アトラクションは体を動かすものが多いですし、大芝生広場は広大な芝生があるのでボールなどを持ち込んで自由に遊ぶのもおススメです。

普段運動不足気味な人に向いているかもしれませんね

また動物との触れ合いも簡単にできて、カンガルーに触れたりポニーに乗馬するのが安い値段で出来ることも魅力の一つなのかもしれませんね。

奇麗で広大な自然や動物と触れ合うことの出来るグリーンパーク、ぜひ興味のある方は行かれてみてはいかがでしょうか。

※他にこんな記事もあります。

若松の人気うどん「ふじや」実食レポート

2019.09.29

若戸大橋すぐ下の有名ラーメン「馬賊」実食レポート

2019.07.01

唐戸市場の新鮮回転すし“海転からと市場寿司”実食レポート

2019.04.22

【外はカリッ!中はモッチリ】福岡の美味しいクロワッサン三日月屋実食レポート

2019.04.14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です