若戸大橋すぐ下の有名ラーメン「馬賊」実食レポート

どうもMKです!

今回は北九州市若戸大橋のすぐ下にある有名ラーメン店の「馬賊」について紹介します。

MK
馬賊は若松区にあり、若戸大橋のすぐ下に店を構える若松区の人気ラーメン店なんだ。
ボブ
以前お店の前を通ったことあるけど、週末なんかは結構人が並んでたから人気があるんだね!
MK
「馬賊」で特に有名なのが「モツニラソバそば」でモツとニラがふんだんに使われた醤油ベースの中華そばなんだ。
ボブ
モツとニラが入っているならモツ鍋みたいで美味しそうだね!
MK
今回は名物の「モツニラそば」をはじめ、その他のメニューについてもレビューしていきます。

「馬賊」について

「馬賊」は戸畑方面から若松方面に向かって若戸大橋を渡ってすぐのところにあります。

JR若松駅からもそれほど遠く離れていないため若松駅からだと徒歩10分かからない程度です。

店舗外観

馬賊について
・営業時間:
(火~木・日)11時30分~15時、17時30分~22時(L.O 21:30)
(金・土)  11時30分~15時、17時30分~23時(L.O 22:30)

・住所:北九州市若松区中川町1-14

・電話番号:093-751-1636

・定休日:月曜

・駐車場:なし、
※若戸大橋下の駐車場の白い駐車券を店に持参すると、100円(60分)の無料駐車券がもらえます

無料駐車券の看板

店内の雰囲気

店内の様子ですが、カウンター席とテーブル席、座敷席(2席)があり、空いている席であればどこでも自由に座ることができます。

ただ店内は結構こじんまりした店のため、席数はそこまで多くなく週末なんかはすぐに席が埋まりそうです。

レジの前には辛し高菜のサービスがあり、自由に取ることができます。

高菜のおかわりはダメとのこと

辛し高菜はお土産で販売しているほど人気があります

気になるメニュー

次に気になるメニューについて書いていきます。

看板メニューは「モツニラそば」「馬賊ラーメン」と「鳥そば」で、その他にも「焼きめし」「チャーシューご飯」「一口餃子」などのサイドメニューも揃っています。

メニュー

今回は名物「モツニラそば」「チャーシューご飯」を注文しました。

オーダーして数分するとまずは「チャーシューご飯(300円)」が出てきました。

チャーシューご飯はご飯の上にチューシューとネギとノリがたくさんかかっていて、味付けには専用のチューシューのタレがごはんにかかっています。

シンプルな料理ですが、チャーシュー、ネギ、ノリとタレの組み合わせが良く合うのか美味しくあっという間にご飯が進みましたね

次にお待ちかねの「モツニラそば(780円)」です。

モツニラそばは熱々の状態で出されるので猫舌の人は注意が必要ですね。

このモツニラそばですが、見た目以上にスープはあっさりとしていて飲みやすいです。

また麺は太めで、もつ鍋の締めにたべるラーメンに近いものがあります。

モツの方はかなり柔らかくてプリプリしていました。モツの食感を楽しみたいという人にとっては若干物足りなく感じるくらい柔らかく、口の中にいれたらすぐに溶けてなくなりそうな勢いでした。

モツは口の中で溶けそうなくらい柔らかいです

あと個人的には麺の量がもう少しあった方が満足するかなという感じでしたね。

男性ならラーメン一杯だけだと少し物足りなさを感じる人もいるかもしれません。

(後日追記)

後日再度訪れてそのときは「馬賊ラーメン」「鶏そば」「焼き飯」「一口餃子」を注文しました。

まずは「馬賊ラーメン(740円)」ですが、コクのある濃厚な豚骨ラーメンとなっています。

具にはトロトロの煮卵とキクラゲ、メンマ、チャーシューが入っています。

まずキクラゲですが量が普通のラーメンよりも少し多めに入っていました。食感もコリコリしており非常に食べ応えがあり美味しいです。

またトロトロの煮卵はコクのある豚骨スープと絡めて食べると濃厚さが一際際立ちます

麺の方はやや太めの麺ですがコシがありこちらも美味しすぎてあっという間に完食してしまいました。

濃厚でコクのある馬賊ラーメン

煮卵と豚骨スープがよく合います

次は「鶏そば(670円)」です。

鶏そばは「鶏ガラ」「野菜」「昆布」ベースで味付けされたあっさり系スープと、太めの縮れ麺が特徴です。

具には「半熟煮卵」「ゆず風味の蒸し鶏」「メンマ」が入っています。

こちらは馬賊ラーメンに比べるとかなりあっさりしていますが、あっさりながらも出汁が効いており太めの麺との絡みもよく美味しく食べることができました

あっさり系の鶏そば

太い縮れ麺が特徴

次は「焼き飯(540円)」です。

焼き飯は「卵」「刻んだチャーシュー」「玉ねぎ」などの具材が豊富に使われているため噛んだ時の食感(玉ねぎのシャキシャキ感)が心地よく玉ねぎの甘みもよく出ており美味しかったですね。

焼き飯

次は「一口餃子(6個:300円)」です。

こちらの餃子はパリパリの餃子の羽が付いているため外はカリカリなのですが、中の具は肉がぎっしり詰まっているため小ぶりな割には食べ応えがあります。

ラーメンを頼むときにはぜひセットで食べたい一品となっています。

餃子はパリパリの羽が付いています

最後に

今回は若松の人気ラーメン店である「馬賊」についてレビューしました。

値段の方は大体1人あたり1000円前後と結構リーズナブルな価格になっています。

値段が良心的な点も人気の秘訣なのかもしれませんね!

筆者の独断レビュー

店の雰囲気

接客   

味    

コスパ  

「馬賊」が気になっている方はぜひ参考にしていただけると幸いです!

※他にこんな記事もあります。

【黒毛和牛を堪能!】小倉の有名焼肉“龍園”実食レポート

2019.07.08

小倉の名店中華「耕治」実食レポート

2019.06.23

唐戸市場の新鮮回転すし“海転からと市場寿司”実食レポート

2019.04.22

【外はカリッ!中はモッチリ】福岡の美味しいクロワッサン三日月屋実食レポート

2019.04.14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です