【2019年10月更新】Googoleアドセンス審査に合格したポイント解説!

どうもマツローです。

この度晴れてグーグルアドセンスの審査に合格することが出来たので、合格したブログの内容について紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

Googleアドセンスとは?

Googleアドセンスとは、“Googleが提供しているコンテンツ連動型広告配信サービス”のことで、簡単に言うと“自身が運営しているブログサイトにGoogleの広告を貼って、ブログ読者が広告をクリックすることで収益を得られる”サービスのことを言います。

自分の好きなことをブログに書いていくだけで、Googleから広告収益が頂けるなんて夢のような話ですよね!

私もブログ運営を開始した当初からGoogleアドセンスのサービスを使いたかったのですが、このGoogleアドセンスサービスを受けるには“審査”に合格する必要があり、審査に合格したブログしか広告が貼れないようになっているのです。

Googleアドセンスの審査とは?

Googleアドセンスのサービスを受けるにはブログの審査に通る必要がありますが、この審査が巷では“非常に厳しい”ということで有名です。

審査を通るには「プログラムポリシー」及び「禁止コンテンツ」のルールを守る必要があります。

ではこれらがどういうものかですが、

プログラムポリシーの遵守

プログラムポリシーとはGoogleアドセンスを利用する上で守らなければならないルールのことで主に以下があります。

・無効なクリックとインプレッション

サイト運営者が自身のサイトに貼ってある広告を自分でクリックしてクリック数を稼ぐことです。
このように意図的に広告のクリック数を稼ぐ行為は禁止されています。

・クリックや表示を促す

ブログに貼ってある広告のすぐ近くに「広告をクリック」などの記載を行い、広告クリックを誘導するような行為は禁止されています。

詳しくはGoogleアドセンスのプログラムポリシーに説明がありますので参照してください。

禁止コンテンツに該当しないブログにする

禁止コンテンツに該当する内容がブログに記載されていないことを確認する必要があります。

禁止コンテンツは以下があります。

・アダルトコンテンツ

・成人向けテーマを含むコンテンツ

・危険または中傷的なコンテンツ

・危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ

・アルコールに関連するコンテンツ

・タバコに関連するコンテンツ

・ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ

・ヘルスケアに関連するコンテンツ

・ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ

・報酬プログラムを提供するページ

・不適切な表示に関連するコンテンツ

・衝撃的なコンテンツ

・武器および兵器に関連するコンテンツ

・不正行為を助長するコンテンツ

・違法なコンテンツ

様々な禁止コンテンツがありますが、要約すると“小さな子供からお年寄りの方までが、安心して閲覧できるブログサイトになっているかどうか”が重要になってきます。老若男女問わず安心して見られるような内容のブログにする必要があるということですね。

筆者のGoogleアドセンス審査状況

このたび晴れてGoogleアドセンスの審査に合格しましたが、3度目のトライでなんとか合格することができました。

1,2回目の失敗ケースも含めて説明していこうと思います・

アドセンス審査(1回目)で不合格

1回目の審査を申請したときのブログ状況は以下の通りです。

・ブログ運用日数:3週間

・記事数:15記事(審査中は数日に1記事ペースで更新)

・1記事あたりの文字数:約1500文字

・他のASP広告:他の広告張り付け有り

・画像:フリー素材又は自分で撮影した写真

・ブログジャンル:雑記ブログ

・申請から結果が出るまでの日数:5日

最初の申請では「Google のポリシーに準拠していないサイト」という連絡が来て不合格となってしまいました。

更に詳細メッセージを見ていくと「Google AdSenseのプログラムポリシーに準拠していない」「ウェブマスター向けの品質に関するガイドラインに準拠していない」ため不合格とのことでした。

何が該当しているのか思い返してみると、どうも使用していた一部の画像に問題があるように感じました。その画像とは自分で撮ったものなのですが、あるお店のキャラクターを撮ったものであったり、一般人が映り込んでいる画像が何枚かあり、キャラクターや一般人の写真には著作権や肖像権が関係してくるためこれがNGになったのではと思いました。

アドセンス審査(2回目)も不合格

上記1回目審査不合格を受けて、画像の見直しを行い再度申請を行いました。なおGoogleアドセンスの再申請は不合格連絡後から2週間以上あけないと機械的に不合格になるという噂があるため、2週間空けてから再申請を行っています。

2回目の審査を申請したときのブログ状況は以下の通りです。

・ブログ運用日数:5週間

・記事数:25記事(審査中は数日に1記事ペースで更新)

・1記事あたりの文字数:約1500文字

・他のASP広告:他の広告張り付け有り

・画像:フリー素材又は自分で撮影した写真(著作権及び肖像権に抵触しないよう配慮済)

・ブログジャンル:雑記ブログ

・申請から結果が出るまでの日数:1週間程度

2回目の審査も何と不合格、プログラムポリシーや禁止コンテンツは遵守している自覚があったため何がまずいのか全く把握できませんでしたが、結果は前回と同じで「Google のポリシーに準拠していないサイト」という連絡でした。

何がまずいのか考え続けていく中で、不合格メールの詳細文の中に

Google の目標は、質が高く有用なコンテンツと価値あるユーザーに関連性の高い広告を配信できるサイトを広告主様に提供することです。お客様のサイトは、現在この基準を満たしていないと判断いたしました。

という文言が書かれており、ひょっとして記事の質が基準に満たしていないのではないかという疑念が生まれました。

私がこのとき書いていたブログは雑記ブログで、「仕事のこと」「お金のこと」「旅行のこと」「ダイエットのこと」などジャンルはバラバラでブログのテーマに一貫性が無い物でした。

Googleに認められるには、雑記ブログではなく、テーマに一貫性のある“特化型ブログ”の方が重要になるのではという結論になりました。

アドセンス審査(3回目)で晴れて合格!

これまでに2回の審査不合格の経験を経てブログの根本的な見直しを行いました。

新たに新規でブログのドメインを取得し、「仕事/転職」をテーマにした“特化型ブログ”を作成しアドセンスに申請することに決めたのです。そのときのブログの状況は以下の通りです。

・ブログ運用日数:2週間(新規ドメインでブログの作り直し)

・記事数:18記事(審査中は数日に1記事ペースで更新)

・1記事あたりの文字数:約1800文字

・他のASP広告:広告は一切なし

・画像:フリー素材のみ

・ブログジャンル:テーマを決めた特化型ブログ

・申請から結果が出るまでの日数:10日

申請してから10日後にアドセンスからメールがあり、タイトルにお客様のサイトでAdSense広告を配信する準備が整いました」というメッセージが届き、中を確認すると無事審査に合格したことが分かりました。

Googleアドセンス審査に合格して感じたこと

今回Googleアドセンスの審査の晴れて合格して感じたことは、自分の好きなようにブログを運用していてもなかなか審査に通ることは難しく、審査を通るには“審査用のブログ”を作成することが重要だと感じました。

1,2回目の申請時(不合格)と3回目の申請時(合格)で変えた部分としては以下になりますが、具体的にどこがまずかったから1,2回目に不合格になったのかは我々では分かりません。

不合格⇒合格ブログの変更点

・雑記ブログからテーマを絞った特化型ブログに変更

・他のASPの広告を一切無くした

・写真もフリー素材の写真のみにした

ただ結果的に分かることは、テーマを絞った特化型ブログで、他の広告を一切貼らずに申請すれば、記事数が20記事無くて、ブログ運用時期が2週間程度でも合格するということです。

Googleアドセンスの審査になかなか通らないと悩まれている方も結構いらっしゃると思いますが、私の経験を参考にしてまずは“審査用の特化型ブログ”を作ってから申請チャレンジされてみてはいかがでしょうか。

※他にこんな記事もあります。

【初心者必見】ふるさと納税とは?(メリットや返礼品について解説)

2019.04.09

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です