どうもマツローです。私はこれまでバンコクに3回ほど行ったことがあり、オススメスポットなど、そのときのことを紹介したいと思います。今回は食べ物編です!

バンコクとは

東南アジアにあるタイ王国の首都で、人口は800万人ほど、東南アジア屈指の都市です。

気候は暑気(2月~5月中旬)、雨季(5月中旬~10月中旬)、乾季(10月中旬~2月中旬)に分けられ、平均最高気温は年間を通して30℃~35℃くらいになっています。

公用語はタイ語ですが一部の高級ホテルやレストランなどでは英語も通じます。通貨はバーツで”1バーツ=3.3円”程です。

またタイは親日国としても知られており、多くの日本企業が現地に工場を建てており、バンコク市内には日本人街も存在します。

日本からのフライトは東京⇔バンコク「スワンナプーム国際空港」で7時間程となっています。

 

食事

バンコクでの食事は様々なバリエーションを楽しむことができます。

  • 安く済ませるのであれば屋台
  • 本場の味が味わえるレストラン
  • 少し値段は張るが、贅沢な雰囲気を楽しめる高級レストラン

などがあり、どのジャンルのお店もそれぞれ良さがあります。

 

屋台について

バンコク市内には多くの屋台街が存在し、有名どころのメニューとしては「カオマンガイ」「バミー(タイ風ラーメン)」「パッタイ(タイ風焼きそば)」などがあり、どれも50バーツ(約170円程)程度で食べられます。本場の味を楽しみたいと思う方はぜひ挑戦してみてください。

ちなみに写真は私が屋台で食べた“カオマンガイ“です。カオマンガイとは有名なタイ料理の一つで、鶏肉のゆで汁で炊いたご飯の上にゆでた鶏肉を乗せたシンプルな料理です。味のアクセントとなるのが添えてある甘辛いタレで、この甘辛いタレをかけて食べると非常に食欲を刺激されます!

レストランについて

レストランも様々な種類があり、中華料理や本場タイ料理など様々です。

私のオススメはシーフード料理が楽しめる“ソンブーン・シーフード”というお店です。このお店はバンコク市内に何店舗かありますが、私は“バーン・ター・トン本店”に行ってきました。カニの看板が目印のお店です。

店の前には生簀がありカニが泳いでいます。メニューはシーフードを基本とした中華料理が多いイメージですで。特にこのお店は“プーパッポンカリー”と呼ばれるカニをカレー粉と卵で炒めた料理が非常に有名なのですが、これが本当に美味しくて白ご飯がめちゃめちゃ進みます(^O^)

他にも海老をガーリックで炒めた料理や、ロブスター料理が楽しめます。個人的には“空芯菜炒め”も味が非常に濃厚な上に適度な塩味とシャキシャキ感がたまらないですね。正直このお店に関してはどれを頼んでも外れがなく全て美味しかったです!値段も高級店ほど高くないので気軽に頼めるのもうれしいですね。

こちらはかなりの有名店らしく以前は小泉元首相もこのお店を訪れたそうです。店内には元首相の写真も飾られてありました。

リーズナブルにタイ料理を食べるならサイアムスクエア近くの“バーン・クン・メー”が美味しかったですね。こちらは老舗のタイ料理店で店名はタイ語で”お母さんの家”という意味らしいです。味付けも現地のタイ人の人が好むような味付けになっており、ややクセはあるが本格的なトムヤムクンを食べたいという人にはぜひおすすめです。立地もバンコクの中心地BTSサヤーム駅の目の前ということで抜群にいいです。ちなみに私は「トムヤムクン」「シーフードサラダ」「チキンの蓮の葉包み揚げ」の(自称)三種の神器をいただきました(^O^)

 

他に外せない料理としてはタイスキを挙げたいと思います。タイスキとはタイを代表する鍋料理でいろんな具材を鍋に入れて楽しむ”タイ風しゃぶしゃぶ”のような鍋です。有名店としては”コカ”と”エム・ケー・ゴールド”があります。私はコカに行きましたがこちらも立地はサヤーム駅から徒歩すぐでいけるため小さい子供連れや年配の方でも行きやすいお店だと思います。メニューは野菜、肉、シーフードなどの具材を単品で頼んでいき、独特の甘辛いタレにつけていただきます。こちらもタレの甘辛さが食欲を刺激しついつい頼みすぎて食べすぎちゃいました。

 

高級レストランについて

高級レストランで私がおすすめするのは美味しいグリーンカレーが食べられる“ブルーエレファント”です。場所はBTSスラサック駅の目の前で、駅からすぐにお店が見えます。夜になるとお店がライトアップされてキレイです。

こちらは高級タイ料理レストランなのですが、私が毎回食べるのが“グリーンカレー”ですね。ここのグリーンカレーは外国人に合うように多少まろやかな味付けなっており、クセのある味が苦手な方でもおすすめです。他にもトムヤムクンなども味付けが非常にマイルドになっていますので、本場の味が少し苦手という方はぜひ試してみてください!あと気を付けないといけないのが、ドレスコードがあるためハーフパンツや肌を露出した服装では入店を断られます(私も初めて行ったときは断られました)。男性なら襟付きシャツとチノパン程度なら入れますのでそこまでかしこまらなくても大丈夫です。

あとブルーエレファントは知名度の高い有名店なので、行く前には事前に予約していくことをお勧めします。夜なんかは扉の前に入店待ちの行列が何名か出来ていました。

 

まとめ

今回はバンコクでおすすめの食べ物を紹介しました。どれも非常に美味しいものばかりなので、バンコク旅行を検討されているかたは是非プランに入れてみてください。次回はバンコクのオススメスポット(観光編)について書きたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です